格安SIMって何?

「『格安SIMが〜、格安SIMは〜』って言うけど、そもそも格安SIMって何?イマイチよくわからない」という人も少なくないでしょう。

格安SIMが何かを知らなくてもスマホ代を安くすることはできるのですが、知っていて損はありません。

と言うことでこのページでは、格安SIMの概要について簡単に説明したいと思います。

格安SIMとは何か?

「格安SIM」とは、MVNOが提供しているSIMカードのことで、利用するとスマホ代が大手キャリアに比べ、文字通り「格安」になります。

そのことから転じて、SIMカードそのものだけでなく、MVNO各社が展開するリーズナブルな携帯電話サービスを総称する言葉として使われています。

MVNOとは?

MVNOとは、要するに格安SIMを提供している会社のことです。

MVNOは自前の通信設備は持たず、大手キャリアの通信ネットワークを間借りして携帯電話サービスを提供しています。

具体的な会社としては、「LINEモバイル」や「b-mobile」や「mineo」などがMVNOにあたります。

日本語の正式名称では「仮想移動体通信事業者」と言い、その英語表記「Mobile Virtual Network Operator」の略称が「MVNO」です。

しかし字が多くて覚えにくいですよね、とりあえず「MVNO=格安SIM会社」と理解しておけばOKだと思います。

ちなみに

格安SIM会社をMVNOと呼ぶのに対して、docomoなどの大手キャリアはMNOと呼ばれます。

こちらは「移動体通信事業者」の英語表記「Mobile Network Operator」の略称です。

SIMカードとは?

SIMカードとは、ユーザーを識別する情報が書き込まれている小型のICカードのことで、スマホの中に入れて使います。スマホでの通話やインターネット接続をするためには、このSIMカードが必須です。

現在日本で使われているSIMカードの種類には、サイズが大きい方から「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」の3つがあります。

現在の主流は「ナノSIM」で、新しいスマホはほぼ全てナノSIMに対応しています。

格安SIMはスマホ代が安い

格安SIMの最大の特徴でありメリットは、スマホ代が安いことです。

一般的に考えて格安SIMならば、普通にスマホを使って月のスマホ代を2,000円前後に収めることはそう難しくありません。

ざっくり言って、スマホ代が大手キャリアの半額以下になると考えて良いでしょう。

安い理由

格安SIMの料金が安い最大の理由として、通信設備を自前で持たず、大手キャリアから借りているため、運営コストが安く抑えられることがあげられます。

例えば、携帯電話ネットワークを自前で構築しようとした場合、基地局の新設や維持管理を全国規模で行わねばならず、少し考えただけでも莫大なコストが必要になることがわかりますよね。

格安SIMはそういった通信インフラをレンタルすることで、サービスに必要なコストを大幅に少なくしているのです。

その他にも、「実店舗の出店を最小限にする」「大規模なテレビCMを控える」「サービスをシンプルにする」といったことでも運営コストを抑えています。

格安SIMの注意点

格安SIMの携帯電話サービスには大手キャリアとは違う点があり、少し注意が必要です。

その代表例をいくつかご紹介します。

定額かけ放題がない

まずあげられるのは、通話かけ放題の定額プランがない点です。

大手キャリア3社には月々2,700円で国内通話かけ放題のプランがあります。どれだけ長い時間電話しても2,700円以上はかからないから、かけ放題は安心という人もいるでしょう。(以前は僕もそうでした)

しかし、よく考えてみて下さい。

格安SIM各社の通話料金は20円/30秒ですが、2,700円分の通話時間は67分30秒(1時間7分30秒)です。

はたしてひと月の間にそれほどの通話時間が必要でしょうか?

しかも、大手キャリアの2,700円通話かけ放題プランは2年契約が前提です。使うかどうかわからない電話料金2,700円を、2年間払い続けることが自分にとって本当必要かどうか考えてみるべきだと思います。

また最近では、格安SIM各社も10分や5分など限られた時間ならかけ放題定額になるプランを提供しています。また、通話料が半額になる通話用アプリなども利用可能です。

これらを組み合わせて利用すれば、よほど長電話をする人でない限りは、格安SIMにして「かえってスマホ代高くなった」ということにはならないと思います。

キャリアメールがない

キャリアメールとは、大手キャリアがそれぞれの携帯電話ネットワーク上に実装している電子メールサービスのことです。

「〜@docomo.ne.jp」や「〜@i.softbank.jp」といったドメインを持つメールアドレスを見たことがある人も多いかと思いますが、それがキャリアメールです。

このキャリアメールは格安SIMでは利用できません。

しかし、LINEやGmailなどの便利な無料サービスが充実している現在では、キャリアメールが使えないことは全くデメリットにはならないでしょう。

通信速度が遅くなる

格安SIMは大手キャリアにくらべて通信速度が遅いと言われます。

これについては確かにその通りで、大手キャリアに比べると通信設備のキャパシティが小さいため、昼休みの時間など利用者が集中する時間帯は特に、通信速度が遅くなりがちです。

通信速度の速さについては確実に大手キャリアに分があるので、「スマホには何にも増して速さが必要」という人は格安SIMではなく大手携帯会社と契約すべきです。

しかし、本当にそこまでの通信速度の速さが必要でしょうか?

例えば、1Mbpsは「遅い」と言われる通信速度ではありますが、普通にサイトを見る、あるいはLINEを送るといった操作は問題なくできますし、Youtubeの動画も通常画質ならばストレスなく視聴可能です。

もちろん通信速度が速いに越したことはありません。しかし同時に、そこまでの速さがなくてもスマホは普通に使えるのだということも知っておいた方が良いでしょう。

まとめ

最後に格安SIMについてまとめると、

  • 格安SIMは運営コストを抑えたサービス
  • だからスマホ代がすごく安い
  • かけ放題がないが代用可能
  • キャリアメールがないが代用可能
  • 通信速度が遅いが普通に使える

このような感じでしょうか。

ともすれば格安SIMのサービスは、大手キャリアにくらべて少し物足りなく感じるかもしれません。

しかし、その物足りなさとは言いかえればシンプルさで、それこそがリーズナブルな価格の理由であり、格安SIMの最大の利点でもあります。

だから格安SIMに大手キャリアと同じようなサービスを求めるのは違うと思いますし、テレビでバンバンCMを流すようになった格安SIMには、ちょっと気をつけたほうが良いのかもしれません。